2011年11月7日月曜日

霊性、情報、その分身のためのカイエ







「すべて、本物の肖像は、その霊を持っていてそれに裏付けられている。アントナン・アルトー」

「心の観念と、口を通じて生み出される音の間には、精神と肉体、天と地の間にあるのと同じだけの隔たりがある。にもかかわらず、これほど互いに隔たった事物を結びつけているのは、いったいいかなる「不可知の紙帯」なのであろうか。ハーマン」

「われわれを取り囲む忌まわしい諸制度、
祖国、家庭、社会、精神、概念、知覚、感覚、情動、心、魂、
科学、
法、正義、権利、宗教、観念、御言葉、言語活動が
維持されるのは魔術によってである、というのも実際にはそれらは消え去り、もはやいかなる現実的なものにも一致していないからだ。
アントナン・アルトー」

「そもそも私たちは、律法は霊的なものであることを知っている。しかし私は肉的な者であり、罪のもとに売られてしまっている。私は、私が行為されていることが分からない。なぜならば、私は自分が欲していることを為すこともせず、むしろ自分が憎んでいることを行っているからである。もしも私が自分の欲していないことを行っているとするならば、(その判断を律法に従っているのであるから、)律法が良いものであると認めていることになる。しかし今や、もはや私がそれを行為しているのではなく、むしろ私のうちに住んでいる罪が(それを行為しているのである(ローマ人への手紙、七章)」

「自己分裂的な虚偽の情報の乱立、及びそれらに対する主体の消失は、架空の空間を用いて操るわけであるから、永劫的に日々歯車に組み込まれ生活の中でさえも仮象と闘争するのであるから、非対象効果を生み出し捏造は悪化の一途を辿り、虚偽の総体はこれらを逆に上手く利用し、自らの富とするであろうから、助長を逆に促す。」

「スペクタクルは孤立を循環的に生産する。孤立は技術を基礎づけ、逆に、技術のプロセスは孤立する。…「孤独な群衆」の孤立状況を常に強化させ、個の世界の時間と空間のすべてが、個にとっては疎遠なものとなるのだ。(スペクタクルの社会)」
「地上的にして現世的なものはなく輝きをやがて失い、閉じ込められた室内の中で大きな腐敗した肢体となり、未来の詩学を、そこにありもしない言語活動を、架空の世界へ向かって旅立ち、完璧であり充分に敷衍されていると思い込み、個人それぞれが何ら意義のない目標へと均質化され、一直線にその主体なき攻撃へと妄信させる。」

「数々の類似点、相違点を求め探求すべく、主体なきものに、闘争心や絆、憧れを抱き、やがて戦争へと駆り出される羽目にまでなるが、実に奇妙で永遠が混じったものとなり、肢体のまま仮象の海に放り込まれ、水泡や記号に囲まれる中で、それぞれを殺し合い、また助け合おうともするが、そこは濁った苦い水であるに違いないから、この大戦争はその対象は個人が産み出した妄想空間にすぎないために、首をかっ切るが、その血は混じらず、その矛先は無黙なままである。これら膨大で無知なるシルエットはあらゆる倒錯が生じる角で交わろうとするが、あらゆる個性の圧迫によっておし砕かれ、次第に遠ざかり見えなくなっていく。

「言語及びそれに従属する人間同士の交信は既に破滅性を有しており、ある次元で、完全に自己とも分離され、その有限的主体が死に臥した後でも、勝手にその主体との意図とは反した行動までも起こすようになる。これら規制から脱した自己への復讐、カタコンペの墓石のように、無数の群れのように、あらゆる者を追求し、波乱へと導く生肢体となり、何ら意図的な活動を行うものではなく、常に断言される記号の数々は人類全体の記憶の喪失までも発生させ、悪罵を唾棄を残忍さを、その声は地球の表面から一斉にわき起こり、収拾する術を誰であっても持たない。」


「絶叫、轟音、生肢体たる三者性の分裂した反乱者たちは、人間が現実態なる未完成の人間を造り、生はどこにも見つからず、全くに幽閉され、ただの記号的な表象としてそこにすべて枠を納める。」

「模造したものそれぞれが、擬似的な優越性を相乗させ、撹拌し、これらの屍と腐敗とたちのぼる臭気とが、生を豊かに養っているものでないのだから、鼓動していること、理性の統制を投げ捨てて、現象のうちに、目にも見えぬ早さでそこに逃げ込み、自然法則の適用除外に乗っ取られ、枯れ葉剤をまき散らし、自我を尊厳を深く軽蔑する。」

「意志が著しい情熱を注いで、無慈悲なる自己の解剖力のみを高めて、それ自体を寛解させることには至らず、誰一人名を知らぬものに対して、意志なるものを蓄積し続けるわけであるから、膨大に照射された過剰な光は、常に未知なものにさせるし、動悸の過剰反応効果、立体的な共同体空間の構築、それら破滅が重大で罪であるものとしても、永遠の別れを告げることも、自ら接続を断線することは出来ない。」

「不意をつかれて、次第次第に迫ってくるこれら不明なものから脱れるものはいない。実際に、またそれを知りたいとただならぬ渇望をもって、その永遠の公理と実態とともに、人を恍惚とさせつつ何とも説明し難い誰ひとり名を知らぬ主体の呪いによって、惹きおこされた結果を、誰ひとりとして確かに分析するものはいない。」

追跡、また執拗、たちどころに発する共同体の均質的な党派性は、赤く燃え残っている造物を再び燃え上がらせるためだけにすぎず、確証には至らないジレンマを抱えたまま発し続ける。衰弱のためにしゃべりつづける自動人形のような身振りを交錯させながら、じりじりと分裂した自己を自らの手でなぶり殺し続け、判別出来ない、打勝ち難い数々の困難に、苦渋を舐め、次第に足が折れ、一つ一つの言葉遣いにそれが如実に烈しく顕われ、また問題に立ち戻るさいには、既にあなたは違うあなたへと忠誠を示しているだろう。」

「われではあらず、身をひき、絶えず接吻するようにすすめようと、直接的な交感を求めるが、他の一人が初めにそうしたようにあらゆる地で別な声を聞き、何か知れぬ本能で彷徨い、脱けだす術は太陽が地平線の中に沈むのを他の一人が待ったままで、忘れら去られた。」

「痙攣のような伝播性は、その機会がきたときには歓喜し、我が物にし、自分の再領土を一層拡げる方法を考え、何か変化を勝ち得たに違いないと心強い慰めを得たとき、常に生を堕落させる。このいたるところ生肢体で覆われた場所を指差しながら、荒廃した都市の敷石の下の砂浜なる場所で流れ続け、犯すはずであった三重の罪を等しげに流れるままに全体に罰し続ける。」

「有と無それらは同価値のものになるのであるから、実際に目にして話しているものと、実際に目にして話していないものとの、垣根も撤廃され、私の所有は、他の所有とも交わり、空間的意志能力の破滅を契機に、有機と無機で血まみれになった彗星がどこだか判別出来ない空間で燃えて実在が落ちるのを目にする。私?1であること。他?1であること。万物の根元に対して単一のものに住むもの、口にすべからざる者。彼は一人沈黙の中に済む。究極において彼は単一であり、彼以前に存在したものはいなかったはずであるのに?それを擬似的な時制的結晶によって根拠とすること、統御を支える1を妄想の空間にすべて委ねること、すなわち全体の記憶喪失は、こうした憂慮に満ちた原初の根源的な教理審問のような、私自身に問いかけるそのままの「実在」を、虚偽的空間が通り過ぎることでそれらを認識することで、すべて「数である」と実証するのであるから、常にあやふやなものとなり、「実在」そのものを妄想があることを前提としての認識下に赴く。」

「特殊な時間の構成は、かかる依存的関係によって維持されるであろうし、直接的に何かを破壊しふれあおうとするのであれば、すべて歯牙を剥いて襲いかかってくる!あなた自身が造りだしたもの、あなた自身の首を絞め、記号の括弧の中に幽閉され、屋上で広く空が汚れているのを見るすべて予定調和的に!かかる架空の報復活動は、威信電信混信しながら、あらゆる都市の壁という壁に、あなたの名前が発掘されるのを見届け、すべて此処で起こった出来事ではないということをその時点でしか気付けないことになる。」

「呵責を相乗し続けるような破滅にはもはや推理もおよばぬ領域に達している。麻痺性の磁力を持った仮象的ネットワークの均質総体化は、アイデンティティを破滅させ、自己承認すら及ばぬ、通信波乱の危機に達しているのも見受けられるし、実際に個人個人の意味の無い擬似的時制の癒着は、社会を自動的に未知のままあらゆる不逞や不正、陰謀を個人の介入の及ばない場所で自由に行える。」
「個人それぞれは擬似的な生を産み出すのに躍起になるわけであるから、それが現実への介入のはずだと思いがちになるし、それらは宇宙のように限りないものであったものを、一心同体へと進むべく、情報をほぼ満遍なく取り入れ、接続しながら拍手喝采を受けながら愉悦に疑心することなく、修辞形式の記号が自然発生的な使用のうちにその半無限制の自己修復、自己増殖のみにその行動の赴きを与え、次第にそれらは息苦しく、深い海の底のような埋没した諸状態に身を窶すことになる。」

「どんな大胆不敵なものでさえ後ずさりするように、気が狂う程冷たい声で挑発し、カオスから出現せしめてやった一存在という報復で、眼には永遠の不正を確かに象としてとらえ、狂気沙汰が発作的であろうとも尋常なる位置に戻してやり、高らかにその光の一撃で偶然だったと、興奮で疲れ果てても何度もくりかえして、ペテンを狂信の心で源なる老いたる海へと誘致させ、生の在り処を常に探求することが唯一時間の所在をあなたのものへと出来ることである。」

0 件のコメント: